鬱病治療の基本

鬱病治療の基本

鬱病の治療の方針は、鬱病が発症した原因によって分類される種類で多少異なります。

精神的なストレスなどの心理的葛藤が原因ではない「内因性鬱病」の場合、治療の流れは一般的な病気の場合と同じで、無理をせずに休養をとりながら薬を服用して回復するのを待つことが基本となります。

鬱病は心の病だということで、気持ちの持ちようや自己の努力によって改善できると考えがちですが、鬱病(特に内因性鬱病)をこれらの方法で改善させることはできません。

それどころか鬱病の症状を悪化させることにもつながります。

鬱病は将来を悲観してしまう症状があり、鬱病が回復することはないという考えしか持てなくなり症状をますます悪化させてしまうことがあるのですが、いかに重度の鬱病でも治療によっていずれはかならず改善するものなので、いつかは治る病気なのだという希望を持つことが鬱病の治療をする上で大切なことです。

鬱病の治療には周囲の人の応対も重要になってきます。

甘えてはいけない、頑張らないといけないといった類の言葉は、鬱病患者を精神的に追い詰めることになり、症状の悪化や最悪のケースでは自殺のきっかけにもなり得ます。

鬱病は自分の力でどうにもできない状態なので、自分の努力で改善することを求める言葉は逆効果なのです。

本人はもちろん周囲の人も、鬱病が自分の力では回復することができない病気であることを受け入れて焦らずに回復を信じる考え方を持つことが大切です。