鬱病とストレスの関係

鬱病とストレスの関係

鬱病になる原因はさまざまです。

なかでも日常の生活のなかでのストレスは鬱病やさまざまは病気の原因にもなるのでストレスには注意が必要です。

日常生活を送るなかでいろいろなストレスを受けることがあります。

親しい人がなくなったり、夫婦不仲から別居や離婚の問題などの辛い出来事で落ち込んだり、反対に喜ばしい出来事にみえることでもストレスになる場合もあります。

このストレスは鬱病が発症する原因になることがあります。

鬱病になる原因は落ち込みやストレスだけではなくさまざまな原因があるのですが、ストレスの原因がはっきりとしている場合、このような鬱病は比較的治りやすく治療も短期間でおわることが多いといわれています。

鬱病発症のきっかけになるようなストレスをうける主な出来事には、失業・退職・経済的な問題・仕事の疲労・出産・親しい人との死別・月経・転居・家庭内の問題・病気などが挙げられます。

近年の社会生活で陥る症候群といわれる症状も、ストレスによって起こる鬱病の場合もあるようです。

たとえば仕事に没頭しすぎた反動で無気力になる「燃え尽き症候群」やデジタル製品についていけない不安感やデジタル環境に依存しすぎる「テクノ症候群」住居を購入して転居したにも関わらずその土地になじめずに鬱病になる「引越鬱病」などが挙げられます。