Posted on
Pocket

本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長ネタバレ 2ch(2ちゃんねる)

→詳細はこちら

本物のスロートレーニングって、本当にすごいかも。

ネット(2ちゃんねる)でも評判だよね。

脚とか背中とかを7分間でトレーニングしてしまうものです。
基本のスロートレーニング(POWER OF 10)とフローの7分間を組み合わせれば、
誰でも効果的なトレーニングが可能です。
スロートレーニングのもうひとつの手法「フローの7分間」を採用すれば、
1日に7分のトレーニングで足りるようになります。
フローの7分間は、私がもっとも気に入っている「本物のスロートレーニング」の手法です。
身体的にも凄く効果的なトレーニングです。
それだけでなく、心にも良い効果があります。
忙しい方でも本格的なトレーニングができるようになります。
7分間、トレーニングだけに集中するので、フロー(幸福感に溢れ、ひとつのことに集中した状態)になれます。

いろんなサイトでネタバレしてるんじゃないかな・・・。

20年以上もの間、週に5日か6日のウェイトトレーニング、
それも30分だけ、たったの週に1回。
週に1回のトレーニングですむのは助かります。
私は、ポリスという仕事柄、いつも熱心に身体を鍛えてきました。
最初は、リハビリのつもりで、「肩が治ったら、普通のトレーニングに戻ろう」と思っていました。
何十年もトレーニングしていたのですが、生涯のベストシェイプになりました。
まさか、週に30分ほどのスロートレーニングが、これほどまでに身体を変えて、
人生をよい方向に向けてくれるとは思ってもいませんでした。
リハビリトレーニングでした。
「本物のスロートレーニング」を始めた動機は
肩の痛みなしに全身を終えました。
そして、驚いたことに体重は6ポンドも増加して、体脂肪率は2パーセントも低下しました。
このトレーニングを一生、続けます。
「本物のスロートレーニング」なら、軽い重量で良いので、肩を痛めていても大丈夫。リハビリにもなる。
という友人の言葉を信じて、パーソナルトレーニングを開始しました。
肩が悪いと格闘技のトレーニングも思うようになりません。
肩の筋肉を傷めてしまい、通常のウェイトトレーニングができないようになってしまったのです。
心配だった初日のスロートレーニングは、予想以上に順調にすすみました。
嬉しいことに肩は、1年の間、一度も痛みません。
30分だけ、集中してトレーニングを終えれば、自由時間です。
有酸素運動や格闘技のトレーニングもやっておりました。
私は、この本物のスロートレーニングにはまりました。
痛みなしの本物のスロートレーニングは数年ぶりです。
身体を鍛えるのは好きだったのですが、疲労が溜まっていたようです。
ほんとうに人生を楽しむ余裕の時間も持てるようになりました。
大好きだったベンチプレスとかは、まったくできないようになりました。

って、言ってたよ。

それなら試してみるのも、悪くないよね。

返金保証はあるのかな?

ダメ元で試してみようかな。

→詳細はこちら