鬱病の種類

鬱病の種類

生きていて生活をしている限り誰でも落ち込むこと、ショックなことはあります。

しかしだたそれでだけでは鬱病とは違います。

鬱病と気持ちの落ち込みはどこに違いがあるのでしょうか。

鬱病には発症の原因や症状によっていくつかの種類があります。

内因性の鬱病とは元々鬱病になりやすい要素をもっている人が発症する鬱病の種類で、ほかの種類の鬱病に比べて病気であると判断しやすい鬱病です。

内因性の鬱病は他の鬱病に比べて抗うつ薬による治療の効果が最も高い特徴があります。

また内因性の鬱病の場合、他の種類の鬱病に比べて脳の中の変化が明確なのも特徴です。

内因性鬱病の症状は、単極性と呼ばれるうつ状態だけが繰り返し発症するケースと、双極性と呼ばれる躁とうつを交互に繰り返すケースのふたつのケースがあります。

一般的に双極性の場合は「躁鬱病」と呼ばれています。

また親しい人と死別したりショックな出来事が起こって落ち込んだことによって発症する鬱病を「反応性鬱病」または「反応性うつ状態」といい、軽症の場合は時間が経過することで回復しますが、ひどい症状の場合は治療を行なうことも必要になります。

性格によっては、小さなことでもしばしば落ち込むことがありますが、このようなケースの鬱病を「神経症性抑うつ」といいます。

これらの症状は病気としてあつかうことが難しい場合も多く、治療しても完治しにくいことが多い特性があります。