Skip to content

あがり症改善プログラム 児島弘樹口コミと実践記ブログ(体験談)

あがり症改善プログラム 児島弘樹口コミと実践記ブログ(体験談)

Pocket

あがり症改善プログラム 児島弘樹口コミと実践記ブログ(体験談)

→詳細はこちら

ネットの口コミで良さそうなものを見つけた。

児島弘樹さんが書いた「あがり症改善プログラム」っていうマニュアルで
2ch(2ちゃんねる)のスレでも、けっこう話題になってるんだよね。

アドバイス頂いたように、15分のヒプノセラピーと「人前に出るときのマインドセット」を毎朝見聞きし、
車の中ではボイストレーニングを実践しました。
今日、公益法人の定例総会にて、司会の役目が、無事終わり、今ホットしています。
リタイア後、成り行きで公益法人の理事に就任し、早々に上部理事部会に派遣されました。
市長、商工会会長、工業団地専務理事が列席する75名もの前でしたが、
不思議な事で、大勢の前に立ち、マイクに向かっても、怖さを感じずに、務めを果たすことが出来ました。
「以上です」と途中で打ち切ってしまいました。
今度は定例総会での司会が決まってしまったのです。
読み違えたり、早口になってしまったり、改善点は有りますが、初めてとも云える経験で、
自分自身には及第点をあげられると思います。
自分でまとめた資料を声を上ずらせて読み上げてしまい、
理事会のこんな場面で、まともに報告・発表も出来なかったよと、
恥ずかしくて、情けなくて家族にすら話せていません。
今まで何度もメールでアドバイスをいただきながら、毎日あがり症改善プログラムを実践し続けました。
何度もメールで聞いて頂けて、アドバイスを頂けた事、本当に心強く思います。
今後とも、しっかりと身に付くようあがり症改善プログラムに向き合っていこうと思います。
途方に暮れていた時、インターネットでこのあがり症改善プログラムを見つけました。
新任理事に対する期待を見事に裏切ってしまった瞬間と思われます。
ありがとうございました。
先輩理事の居並ぶ理事会での報告は、自分でも信じられないような惨めなものでした。

更に改善するため、今後もあがり症改善プログラムを使い続けます。
あがり症改善プログラムを使い始めて一ヶ月ほどですが、
人前に立っても以前のように体がブルブル、頭が真っ白になりにくくなりました。

って言うから、試してみようかなあ。

なんか面白そうだよね。

→詳細はこちら