Skip to content

荒木式 うつ病改善プログラム 口コミと体験談 本音レビュー

荒木式 うつ病改善プログラム 口コミと体験談 本音レビュー

Pocket

荒木式 うつ病改善プログラム 口コミと体験談 本音レビュー

→詳細はこちら

荒木式 うつ病改善プログラムの荒木裕さんって、なんだか話題だよねえ。

メンタルクリニックは、入院や手術を必要としないので、机といすさえがあれば簡単に開業できます。

一体なぜ、これほどまで多くのクリニックが開業しているのでしょうか?

その理由の一つには、近年、うつ病という病気が社会的にも認知され、
急激に増えて来ているという背景があるからだと思われます。

今、メンタルクリニックの開業ラッシュが続いていると言われています。

メンタルクリニックの開業ラッシュが続いている理由は、それだけではないように思います。

政府も増え続けるうつ病を、重点対策が必要な病気として取り組み始めています。

勤務医としてたくさんの患者さんを診るよりも、開業して患者さんを診た方が単純に儲けられると考える先生も多いのです。

単純に“おいしいビジネス”として、開業する先生も少なからずいるのは事実です。

乱立するクリニックで、本当にあなたの病気が良くなるとはとても思えませんし、
そう思っているのは、決して私たちだけではないはずです。

日本の精神科医の数は1万2000人あまりとあまり増えていないのに対して、
患者さんの数は、同じ10年間で2倍以上に増えています。

メンタルクリニックを1つの商売と考えて、ビジネスライクに考えている先生も少なからずいるからです。

購入者さんの体験談とか、レビューどう思う?

「魚焼き器」を購入しました。

専用の「魚焼き器」は高温度の加熱が上下から加えられるので、こんがりとおいしく焼く事が出来るのです。

私は「ああ、この医者はうつを治すことが出来ない人なんだ」とわかり、
それではいつまでもラチがあかないので、別に信頼できそうな病院や医師を探して見ることにしました。

その際、油分が溶け出すので、ステンレスのトレイに豚肉を入れて焼きます。

実践し始めてみますと、すぐに、なんでもないことだ、とわかりました。

苦しいときには、甘いチョコレートなどを口にすると、脳内物質が分泌されてラクになれるから、
そうしたことを補いながら、気長に病とつきあっていくしかない」と言いました。

複数の医師の記した書物を購入して読み、信頼できそうな病院や医師を探しては電話を掛けて治療について尋ねてみました。

治療には長い時間が掛かる。

これでおいしく食べられ、調理の手間もほとんどかかりません。

ほんとにうつ病は治すことの出来ない、不治の病なんだろうか、と模索しているうちに、
ある日、荒木式 うつ病改善プログラムに出会いました。

現在は落ち着いた状況に至っており、体重が69kgと10kgの減少、ウエストが83cmと6cmの減少となりました。

始める前には、生まれてからずっと、三度三度、ご飯をたらふく食べる食生活を六十年余りも続けてきたものですから、
ほんとに止められるか、大いに疑問でした。

私は身長が180cmあり、荒木式 うつ病改善プログラムを始める前、
ご飯をたらふく食べていた頃には、体重が79kg、ウエストが90cmもあり、
足が重く、腹はタヌキの様にポンポコと飛び出していました。

鮭の切り身なら、一度に四切れを焼いて食べます。

その彼ら、彼女らは、皆がもともとはそれぞれに優れた資質の持ち主であって、
元気であれば、社会のために様々に活躍して貢献できる人たちなんです。

肉なり魚を「美味しい状態に調理して食べる」ということです。

まず一人のうつ病の友人が掛かっている医師の診療に同行させてもらい、
その医師に次のように質問してみました。

それが体重はどんどん減り、またズボンがダブダブになってきました。

ご飯の代わりに、肉、魚などたんぱく質の食材をたらふく食べればよいだけなんです。

不思議なことに、どこの病院、医師に質問をしてみても、
異口同音に、「治すのはとても困難」、あるいは、「うちに来てもらっても現状より改善できるかどうかは確約できない」
といわれました。

他の医師とは全く異なった自信あふれる語り口に希望をつないで、
さっそく荒木式 うつ病改善プログラムを購入してみました。

一般のガステーブルのグリルは片面からしか焼けないので、おいしく焼く事が出来ません。

おかげでこれまで穿いていたズボンがすべてダブダブとなってしまい、ズボンを買い直さざるを得ませんでした。

すると満腹になれるので、不満はありません。
様々に病院、医師や治療法などを調べてみました。

調味剤には日本酒と胡椒を用い、塩はほとんど使わず塩分過剰にならないように留意します。

それは身軽になったということです。

こうして実践を始めて半年ぐらい経った頃、なんだか従来とは異なった自分の身体の状況に気付きだしました。

私自身はうつ病ではありませんが、私の周囲にうつ病、ないしはうつ症状の若い人が何人もいます。

「彼は症状が出て通院し始めてから既に一年半を経過していますが、
今後どのくらい治療を続ければ良くなる見込みが立つのでしょうか」
するとその医師は、
「この人はとても重症なうつに陥っており、脳の機能が著しく低下している状態にある。

それなのに、いろんな事情から、精神的に追い込まれて、うつ病、ないしはうつ症状に陥り、
毎日を暗い気持ちで過ごすこととなり、その結果、脳の機能低下に至っています。

ここで大事なことは、「美味しく食べる」ということです。

私自身は、何でもすぐに試してみたくなる性分なので、荒木式 うつ病改善プログラムなるものが実践可能かどうか、
自分で実行してみました。

彼ら、彼女らが本来もてる能力を発揮できずにいる、ということはとても残念なことなので、
なんとか快方へと導いてあげたい、との気持ちを強く抱きました。

そうすれば必ず成果が現れると思います。豚肉の場合も同様に、二~三枚をこの「魚焼き器」で調理します。

うつ病、ないしはうつ症状の人にこの食事法を実践してもらうには、
影響力のある周りの人がこの食事法へと引っ張って連れて行ってあげると良いでしょう。

私は一人暮らしなので、自分ひとりの考えだけで簡単に始められました。

って言うから実践してみたいな~。

欲しくなってきたなー。

→詳細はこちら