Skip to content

試してよかった!うつ病、パニック障害、自律神経失調症改善法 川口奈美子口コミと評判 2ch(2ちゃんねる)

試してよかった!うつ病、パニック障害、自律神経失調症改善法 川口奈美子口コミと評判 2ch(2ちゃんねる)

Pocket

試してよかった!うつ病、パニック障害、自律神経失調症改善法 川口奈美子口コミと評判 2ch(2ちゃんねる)

→詳細はこちら

ネットで見つけたんだけど、
川口奈美子さんの「試してよかった!うつ病、パニック障害、自律神経失調症改善法」っていう教材が
簡単に悩みを解決してくれるんだって。

「しっかりと使ってあげる」という意味です。100年前の生活を強制的にせざるおえない状況になれば、否応無く日々の生活で体を動かします。

しかし、現代の生活が衰えやすいのであれば、定期的にその体の構造を崩す直接的原因となっている筋肉を、日々、簡単な練習で鍛えてあげれば良いだけです。しかし、そのストレスをストレスと感じないほどの強い精神力が昔の人には備わっていたのだと思います。

現代人は軟弱です。世の中の心と体の不調を感じている人がもし100年前にタイムスリップしたら、わたしはほとんどの人は1年以内に改善できると思っています。

現代人でもストレスに立ち向かう、または逆境を楽しむような精神的に強い人がいます。そんな恵まれた人も歳を重ねるごとに次第に不調が現れてきます。

現代人の生活は、意識せず生活していれば自然と体の構造が崩れる様になっています。よく現代はストレス社会と言いますが、昔の方がよっぽどストレスが大きかったと思います。

昔の人は心と体ともにタフでした。健康な人は単に生まれ持った体質で、筋肉が衰えにくいというだけです。

尚、ここでいう「鍛える」とは、筋肉を強くする、大きくするという意味ではありません。運動せずに健康でいられるのはせいぜい40歳ぐらいまでです。

年金も保険その他社会保障もなく、医療も発達しておらず、娯楽も少なく、治安も悪く、人々の不安やストレスは現代とは比にならない程だったと思います。わたしは世の中が便利になればなるほど、それに反比例して人の体は衰え退化すると思っています。

その動きが「人が本来あるべき構造」に自然と戻していきます。

さらに顔がむくみ、目の下にクマがある。(特にリラックスして椅子に座っている時)・力を抜いて直立すると腰・お腹が前に出て弓なりに反っている。

・両腕が長く見える。他多数上記以外にも、これをご覧の方は体の歪みで現われる症状で記載してある症状のうち、複数を患っていると思います。

・顎が前に出ている、または上に上がっている。・口角が下がっている、または水平(たらこ唇)。

・滑舌が悪い、または声が通らず聞き取りずらい。またはハッキリとした猫背・ほほ肉が本来あるべき位置より下に下がっている。

・歩いていると前後左右上下に揺れて重心が真ん中にない。・О脚、またはがに股。

まず最初に、精神疾患、不定愁訴を患う方の共通した見た目の特徴についてですが、下記の特徴が複数見られます。・重心が後ろに倒れている。

・直立した状態で「前にならえ!」をし、ゆっくりと両手の親指を重ねた時、親指の長さが違う。・お尻の肉が下に垂れ下がり、下っ腹が出いてる。

上記の見た目が複数見られる方は、精神疾患や不定愁訴が起る根本的な原因である、脳幹という脳の一番奥にある、体の原始的な機能を司る部位の機能障害を起こしています。

っていうのは、惹かれるよね。

購入者の口コミでも評価が高いし、インチキではなさそうだね。

これなら、私にもできるかも。

私にはピッタリの教材かもしれない。

→詳細はこちら