Posted on
Pocket

397時間動画パソコン教室 鈴木一、三井正 株式会社エレクトロバンク返金保証は?効果あり?

→詳細はこちら

ネットで売れてる教材(マニュアル)って、どうなの?

本当に効果があるのなら、試してみたいけどなぁ。

今売れてる教材が鈴木一、三井正 株式会社エレクトロバンクさんの397時間動画パソコン教室なんだけど、
どうなんだろう?

一生使い続けると思います。ありがとう。

ちょうど年末、年賀状シーズンだったので、住所録を打ち込み、
自分でデザインして、母のリクエストに合わせて修正したりね。

ゆっくりと読み上げてくれて、つまずくところがなかったです。

「397時間動画パソコン教室」は初めての人でも理解できるように作られています。

パソコンは使ってこそ宝です。

あんなに不安に陥っていた私でもできたんだから皆さん大丈夫です。

今も「397時間動画パソコン教室」を使っています。

せっかくパソコンを買ったんだけど、うちは女性ばっかりでしょう。

お父さんは機械苦手だし。

で、ほこりかぶっちゃって。

難しそうな表やグラフも、自分にできるわけがないと決めつけていたのに、カンタンにできました。

「397時間動画パソコン教室」を申し込んだものの、最後までちゃんとやり遂げられるのか、
途中で挫折してしまわないかと、最初は不安でいっぱいでした。

求人情報を見ると、WordとExcelのできる人という条件が多いので、
仕事の選択肢も広がったというのは嬉しいですね。

ブログやホームページを開設したいという思いもあります。

情報起業とアフィリエイトをはじめてから、二年余り、まったく稼ぐことができていませんでした。

ネットビジネスをする際にパソコンができる必要はない、
とある情報教材で読み、僕はそれを鵜呑みにして、
パソコンの勉強をまったくせずにネットビジネスを続けていました。

「この辺で、本気にならないと、取り返しがつかなくなる。しっかりした、本気の知識を身につけよう」
結果、ほとんど稼げていませんでした。

「397時間動画パソコン教室」で教わる、ウェブデザインや、プログラミングの知識は、
就職活動時にアピールができそうです。

今までに僕が購入してきた教材は、「即稼げる」とか「寝てても稼げるツール」とか、
そういう類の、うさんくさいものばかりでした。

今稼げているので、僕は就職するつもりはありませんが…。

「女性を落とす方法」の教材を売っていたことなんて、はずかしくて、履歴書に書くことはできません。

以前は、恥ずかしくて、親にもいえなかったのです。

こういった考え方は、以前の僕では考えられなかったことです。

情報教材につぎ込んだお金を足すと、100万円を超えると思います。

運営していた「女性を落とす研究会(仮名)」は放置気味です。

そして、予想通り、どの教材を読んでも、結局ほとんど稼ぐことはできませんでした。

なんだか、ようやく、本当にネットビジネスが始まったような気がしています。

37歳の誕生日を目前に控えたとき、布団の中で、
そこでまた儲かる系の教材を買っては、だまされるというのを、ずっと続けていました。

「女性を落とす方法」という教材を、インターネットで売っていました。

そう考えました。

ほかにも、アフィリエイトもしていました。

そこで出会ったのが、「397時間動画パソコン教室」でした。

「397時間動画パソコン教室」の、ウェブデザインやオフィス、グラフィック、
プログラミングなどの一通りの動画を見ると、いろんなビジネスアイデアが生まれてきました。

いつのまにか商材コレクターとなっていました。

僕はPHPを使ったアフィリエイトサイトを作ろうと思いました。

もちろん、自分ひとりで作るのは難しそうだったので、知り合いのプログラマーに呼びかけて、
製作段階に入っています。

もうこの年齢になっては、就職も難しそうですし、
このネットビジネスの道で食っていくしか方法はないと腹をくくっていました。

自分の仕事を人に言えるようになりました。

って、言ってたよ。

価値はあるのかな?本当にいいの?

ちょっと胡散臭いけど信じてみようかなあ。

→詳細はこちら